「し」から始まる庭園用語一覧

敷石(しきいし)


敷松葉(しきまつば)


四神相応(しじんそうおう)


七五三石組(しちごさんいしぐみ)


七五三石組(しちごさんいしぐみ)は、15個の石を七、五、三と配置させる石組です。奇数は陰陽の陽を表す数で、特に七五三はめでたい数として使われます。

七五三式(しちごさんしき)


七五三の飛石(しちごさんのとびいし)


七五三の庭(しちごさんのにわ)


司馬温公形(しばおんこうがた)


蛇籠(じゃかご)


縮景式(しゅっけいしき)


借景(しゃっけい)


砂紋(しゃもん)


舟遊式(しゅうゆうしき)


植栽(しょくさい)


植栽(しょくさい)とは、日本庭園に植えられた庭木のことです。

守護石(しゅごせき)


須弥山(しゅみせん)


書院造庭園(しょいんづくりていえん)


正真木(しょうしんぼく)


正真木(しょうしんぼく)とは、庭園の中心となる木のことです。

浄土式庭園庭園型式の一つ。平安期に普及した、仏教の浄土思想を庭園内に表現したもの。そもそも浄土とは、煩悩から解き離れ、悟りの境地に這った仏様や菩薩の住む清らかな国土のことをいう。白川砂(しらかわすな)京都北白川付近から産出する花崗岩で、風化して砂となったもの。あるいは砂状に砕いたもののことをいう。砂状と入っても3~15mm位までの大きさのものがあり、三分(1cm内外)のものが一番よく使われる。地割(じわり)庭園設計をなす根幹のもので、設計に従って池の形や島の配置、築山の設け方、石組の配置などのことをいい、これによって庭の時代識別やどの様な思想を持っているかが一目瞭然で知ることができる。真行草(しんぎょうそう)『山水秘伝書』の中に「真の山水の意也」と、真の文字を使って書かれており、また行の説明なども書かれている。草の説明が入った庭園書は、江戸時代に書かれた『築山庭造伝』に、真行草の文字が使われ、これ以後日本の庭園の世界に真行草が広まっていった。正形のものを真、形を崩したものを草、その中間のものを行という。江戸時代に庭の区別に用いられた。また飛石、四つ目垣、延段などにもあてはめたりしている。 心字池(しんじいけ)平面上に心の文字を表した池庭のことをいう。鎌倉、室町期にできた庭を心字形ともいう。(じょうどしきていえん)


白川砂(しらかわすな)


地割(じわり)


真行草(しんぎょうそう)


心字池(しんじいけ)


神仙思想(しんせんしそう)


寝殿造庭園(しんでんづくりていえん)


50音から庭園用語を探す