「い」から始まる庭園用語一覧

生垣(いけがき)


生垣(いけがき)とは、生きた樹木を並べて植えてつくられた垣根のこと。

生け込み燈籠(いけこみとうろう)


生け込み燈籠(いけこみとうろう)とは、立ち灯籠と違い基礎にあたる部分が無く、棹(さお)部分を直接地面に埋込んだ燈籠です。

池庭(いけにわ)


池庭(いけにわ)とは、水をたたえている池のある庭園のことです。

石畳(いしだたみ)


石畳(いしだたみ)とは、畳のように敷かれた石のことです。

石立僧(いしたてそう)


石立僧(いしだてそう)とは、平安時代後期から鎌倉時代にかけて活躍した僧侶のことで、現代の作庭家、庭師にあたります。

石壺(いしつぼ)


石壷(いしつぼ)とは、石を主に使用した壺庭のことを指します。

石燈籠(いしどうろう)


石灯籠(いしどうろう)とは、神仏に燈明をあげるために石で作られた照明のことです。桃山時代に発展した露地から庭園でもよく使われるようになりました。

石橋(いしばし)


石橋(いしばし)とは、池泉庭園や枯山水の池や水の流れに架けられた石でできた橋のことです。

泉(いずみ)


泉(いずみ)とは、「出水」の意味を指し、地中から湧き出る水のことです。

井筒(いづつ)


井筒(いづつ)とは、井戸の地上の部分に、木・石・土管などで円形や方形に囲ったものです。

伊予石(いよいし)


伊予石(いよいし)とは、愛媛県の北部をほぼ東西に走る中央構造線の南側にある三波川変成帯(さんばがわへんせいたい)と呼ばれる構造帯で算出される緑色・青緑色系の岩石です。

入母屋(いりもや)


入母屋(入母屋)とは、建物の屋根の一種で、上部は切妻(きりづま)造りのように二方へ勾配をもち、下方は寄せ棟造りのように四方へ勾配をもっているものです。

いろこ敷き(いろこしき)


いろこ敷き(いろこしき)とは、正方形の敷石をまっすぐに据えた踏み石と45度回転させた踏み石を  交互に据えた敷き方のことです。

磐座(いわくら)


磐座(いわくら)とは、古神道における岩に対する信仰のこと、あるいは、信仰の対象となる岩そのものを指します。

石組(いわぐみ)


石組(いわぐみ・いしぐみ)とは、いくつもの石を組み合わせて滝、島、山などの自然風景を表現することです。

石組園生八重垣伝(いわぐみそのうやえがきでん)


石組園生八重垣伝(いわぐみそのうやえがきでん)とは、江戸時代後期に秋里籬島が書いた庭園書です。

磐境(いわさか)


陰陽石(いんようせき)


50音から庭園用語を探す