建仁寺垣(けんにんじがき)

建仁寺垣(けんにんじがき)とは、竹垣の中でも最も代表的なものの一つで、京都にある建仁寺で最初に使われたことからその名がついています。建仁寺垣は、竹を隙間なく敷き詰めるため、目隠しのための塀として広く使われています。