#作庭記

作庭記とは、平安時代に書かれた日本最古の造園書です。寝殿造庭園の地割から、立石、池泉、遣水、滝などの技法が記述されています。枯山水という言葉が初めて登場したことでも有名です。「前栽秘抄」(せんざいひしょう)とも呼ばれます。

#作庭記 に関する庭園を探す

庭とりっぷには【#作庭記】に関する庭園が0件掲載されています。【#作庭記】 に関する庭園を探すなら庭とりっぷ。

#作庭記 の庭園はまだ投稿されていません。

#作庭記 に関する来園記録を探す

庭とりっぷには【#作庭記】に関する来園記録が0件掲載されています。【#作庭記】 に関する来園記録を探すなら庭とりっぷ。

#作庭記 の来園記録はまだ投稿されていません。

#作庭記 に関する庭園写真を探す

庭とりっぷには【#作庭記】に関する庭園写真が0件掲載されています。【#作庭記】 に関する庭園写真を探すなら庭とりっぷ。

#作庭記 の庭園写真はまだ投稿されていません。