東京都の日本庭園

清澄庭園 - 東京都江東区の日本庭園

清澄庭園(きよすみていえん)は、東京都江東区清澄にある指定名勝の林泉回遊式庭園です。三菱財閥創業者・岩崎弥太郎により作られた庭園で、全国の名石を配した池を巡りながら四季折々の表情が楽しめます。そんな清澄庭園の魅力や見どころをご紹介します。

清澄庭園

清澄庭園の基本情報

庭園名 清澄庭園
住所 〒135-0024 東京都江東区清澄3-3-9
アクセス 【電車】
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅より徒歩3分

【バス】
都営バス亀戸駅北口7番乗場(門33)・豊海水産埠頭行き 清澄庭園前より徒歩3分

電話番号 03-3641-5892
開園年月日 1932年7月24日(昭和7年)
開園面積 81,091.27m²

【内訳】
庭園: 37,434.32m²
開放公園: 43,656.95m²

開園時間 午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日 年末年始(12/29〜1/1)
無料公開日 みどりの日(5月4日)
都民の日(10月1日)
庭園ガイド 土曜日・日曜日・祝日(午前11時と午後2時の1日2回)
入園料 【入園料】
一般 150円
65歳以上 70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

【洋館見学】
共通 800円