庭園ガイド

日本庭園の様式や鑑賞方法の種類

伝統的な日本庭園の様式は、「池泉庭園(ちせんていえん)」、「枯山水(かれさんすい)」、「露地(ろじ・茶庭)」の3つに大きく分類されます。それぞれの様式のどこが美しいのか?どのように美しいのか?を丁寧に解説いたします。

日本庭園の様式や鑑賞方法の種類

日本庭園の様式について

伝統的な日本庭園の様式は、「池泉庭園(ちせんていえん)」、「枯山水(かれさんすい)」、「露地(茶庭)」の3つに大きく分類されます。

池泉庭園(ちせんていえん)とは?

池泉庭園(ちせんていえん)とは、自然の景色を凝縮して創られる庭園の様式で、山があり川があり海がある庭です。池泉庭園には「水」という要素が取り入れられているのが特徴です。

池泉庭園は、庭園を鑑賞する方法によって様式がさらに細かく分類されます。

  1. 池泉舟遊式(ちせんしゅうゆうしき)
    • 池の中を舟遊びしながら鑑賞する方式
  2. 池泉鑑賞式(ちせんかんしょうしき)
    • 座敷に座って眺めて鑑賞する方式
  3. 池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)
    • 順路を定めて歩きながら鑑賞する方式

枯山水(かれさんすい)とは?

枯山水(かれさんすい)とは、大海や渓谷、滝などの雄大な大自然の景観を一滴の水も用いないで表現する庭園様式です。枯山水には、「水」という要素がなく、砂や石によって水を表現しています。

平安時代に書かれた日本最古の庭園書である「作庭記」に、枯山水について次のように書かれています。

池もなく遣水もなき所に、石をたつる事あり。これを枯山水となづく。その枯山水の様は、片山のきし、或野筋などをつくりいでて、それにつきて石をたつるなり。

露地(ろじ・茶庭)とは?

露地(ろじ・茶庭)とは、門から入り茶室へと至る道すがら(園路)に自然の景を盛り込んだものです。

千利休が大成した茶の湯の文化から影響された様式で、茶室に付属して設けられた茶庭とも呼ばれます。

茶室に入る前に雑念を払い、心を穏やかにするための空間で、山中を模した庭の中を飛び石や延段を伝って茶室へ導きます。

日本庭園の鑑賞方法

舟遊式(しゅうゆうしき)

舟遊式は、池の中で舟から庭を鑑賞する方式です。

舟からの鑑賞になるので、低い視線で景色を楽しむことができます。池の内側から観ることになるので、360度見渡す景色になるのが特徴です。

回遊式(かいゆうしき)

回遊式は、池や築山の周りを順路を定めて歩きながら鑑賞する方式です。

歩くごとに視点が変わり、季節、時間、天候など場面場面の変化を楽しめるのが特徴です。

自分のお気に入りスポットを探す楽しみ方ができます。

座観式(ざかんしき・座視鑑賞式)

座観式(ざかんしき)とは、座敷に座って眺めて鑑賞する方式です。鑑賞式の庭園は、1枚の美しい絵画を座りながら鑑賞することができます。

舟遊式や回遊式の庭園と異なり、あらかじめ見るポイント(視点場)が決まっており、その場所から見ると奥行きが感じられる構成になっています。