識名園(しきなえん)は、沖縄県那覇市にある大名庭園・池泉回遊式の日本庭園です。識名園は、沖縄県那覇市真地にある琉球庭園です。首里城の南に、中国と沖縄の様式を融合して造られており、国の名勝に指定、国の特別名勝に指定、そして世界遺産にも登録されるほどの貴重なスポットです。梅、藤、桔梗など、南国の沖縄ではあまり見られない花が咲き乱れ、常夏の沖縄にあって四季の移ろいを楽しむことができます。さらに、敷地内には、育徳泉と呼ばれる泉が湧いており、そこに生える淡水産の紅藻類「シマチスジノリ」は国の天然記念物に指定されています。そんな識名園の魅力や見どころについてご紹介します。

識名園とは?

識名園は、沖縄県那覇市真地にある琉球庭園です。首里城の南に、中国と沖縄の様式を融合して造られており、国の名勝に指定、国の特別名勝に指定、そして世界遺産にも登録されるほどの貴重なスポットです。

1799年に当時の琉球王国の王朝が、海外(主に中国)から使者の迎賓館として造られました。池のまわりを歩きながら景色を楽しむ「廻遊式庭園方式の庭園ですが、通常の日本のこの方式の庭園と異なり、池の中の島に中国風の建造物があったり、沖縄や鹿児島にしかない琉球石灰岩を使ったりと、独自のものとなっています。

また、梅、藤、桔梗など、南国の沖縄ではあまり見られない花が咲き乱れ、常夏の沖縄にあって四季の移ろいを楽しむことができます。さらに、敷地内には、育徳泉と呼ばれる泉が湧いており、そこに生える淡水産の紅藻類「シマチスジノリ」は国の天然記念物に指定されています。

残念ながら、太平洋戦争の沖縄戦で破壊されてしまいましたが、その後再建され、面積41,997平方m2の現在の姿になりました。

識名園の来園記録・口コミ

来園記録・口コミがまだ投稿されていません

識名園の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

識名園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
識名園(しきなえん)
面積
-
作庭者
-
様式・鑑賞方法
#大名庭園 #池泉回遊式
登録記念物
#特別名勝
時代
-
タグ
-
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する

交通アクセス

住所
〒9020072 沖縄県 那覇市 字真地421-7
交通アクセス
すぐゆいレール「首里駅」より徒歩30分
営業時間
-
休園日
-
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
-
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する