旧久留島氏庭園(きゅうくるしましていえん)は、大分県玖珠郡にある池泉鑑賞式の日本庭園です。旧久留島氏庭園は、大分県玖珠郡玖珠町にある国指定の名勝地です。江戸時代にこの一帯の藩主であった久留島氏が藩の藩庁が置かれた屋敷、つまり陣屋を増設し公園にした名所です。当時この藩は、「森藩」という名であったため、単に森陣屋とも呼ばれます。この藩には城がなかったため、第8代藩主の久留島通嘉が三島神社の改築伴いこの陣屋に石垣や茶屋を増築し、さらに城のように見せるために藩主御殿庭園、栖鳳楼庭園、清水御門庭園を整備しました。そんな旧久留島氏庭園の魅力や見どころについてご紹介します。

旧久留島氏庭園とは?

旧久留島氏庭園は、大分県玖珠郡玖珠町にある国指定の名勝地です。江戸時代にこの一帯の藩主であった久留島氏が藩の藩庁が置かれた屋敷、つまり陣屋を増設し公園にした名所です。当時この藩は、「森藩」という名であったため、単に森陣屋とも呼ばれます。この藩には城がなかったため、第8代藩主の久留島通嘉が三島神社の改築伴いこの陣屋に石垣や茶屋を増築し、さらに城のように見せるために藩主御殿庭園、栖鳳楼庭園、清水御門庭園を整備しました。

藩主御殿庭園は池を中心にした庭園で、池に石を絶妙に配置しているのが特徴です。石の中には4mもの巨石もあり、見る者の目をひきつけます。

栖鳳楼庭園は、茶屋であった「栖鳳楼」を中心にした庭園です。茶屋のまわりに築山、三尊石、灯籠が配置されています。また、ここからは、まわりの山々や城下町が一望でき、その光景はまさに絶景というほかありません。

清水御門庭園は、堀の端を庭園にしたものです。ここでも、斜面を利用した石組があったり、飛び石を置いたり、石を上手く活用して美しい庭園を作り出しています。

旧久留島氏庭園の来園記録・口コミ

来園記録・口コミがまだ投稿されていません

旧久留島氏庭園の写真ギャラリー

庭園写真がまだ投稿されていません

旧久留島氏庭園の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

旧久留島氏庭園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
旧久留島氏庭園(きゅうくるしましていえん)
面積
-
作庭者
-
様式・鑑賞方法
#池泉鑑賞式
登録記念物
#名勝
時代
#江戸時代
タグ
#城郭・城跡
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する

交通アクセス

住所
〒8794404 大分県 玖珠郡 玖珠町森855
交通アクセス
JR久大本線「豊後森駅」より徒歩30分
路線バス「森町」より徒歩3分
営業時間
-
休園日
-
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
-
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する