湧水庭園 四明荘(ゆうすいていえん・別名: 旧伊東氏庭園)は、長崎県島原市にある池泉座鑑式・池泉鑑賞式の日本庭園です。四明荘の座敷は正面と左側面が池へ張り出して縁を廻しているというユニークな作りになっています。一段高い屋敷から庭園を見下ろすと座敷と庭園が一体となり、独特の美しい景観を楽しむことができます。そんな湧水庭園 四明荘の魅力や見どころについてご紹介します。

湧水庭園 四明荘(旧伊東氏庭園)とは?

「湧水庭園 四明荘」は、長崎県島原市に明治時代の後半に造られた住宅庭園です。湧水を利用しているのが特徴で、母屋の四明荘は当時の開業医師であった伊東元三氏の別宅として造られたものです。東西南北のどの方角でも、見晴らしが良いためこの名が付けられました。

また、四明荘の座敷は正面と左側面が池へ張り出して縁を廻しているというユニークな作りになっています。一段高い屋敷から庭園を見下ろすと座敷と庭園が一体となり、独特の美しい景観を楽しむことができます。

そもそも島原市自体が「水の都」や「鯉の泳ぐまち」と言われており、その中心となるのがこの庭園なのです。庭園の湧水は清らかで、その量は1日3000tあり、色とりどりの鯉が泳いでいるほか赤松や楓など様々な植物が植えられています。しかも、庭園は湧水だけが見物ではなく、杉苔をはじめとする多くの美しい自然が堪能できます。

有料ですが、その豊かな湧水や美しい景観によって、市民に親しまれており、国の登録記念物や国の登録有形文化財となっています。

湧水庭園 四明荘(旧伊東氏庭園)の来園記録

来園記録がまだ投稿されていません

湧水庭園 四明荘(旧伊東氏庭園)の写真ギャラリー

湧水庭園 四明荘(旧伊東氏庭園)の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

湧水庭園 四明荘(旧伊東氏庭園)の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
湧水庭園 四明荘(ゆうすいていえん・別名: 旧伊東氏庭園)
面積
-
作庭者
-
様式・鑑賞方法
池泉座鑑式, 池泉鑑賞式
登録記念物
有形文化財
時代
近代(明治・大正)
タグ
-

交通アクセス

住所
〒8550803 長崎県 島原市 新町2-125-1
交通アクセス
島原鉄道 島鉄本社前駅より徒歩6分
島原駅より徒歩10分
営業時間
9:00~18:00
休園日
年中無休
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
-