慧洲園(けいしゅうえん)は、佐賀県武雄市にある池泉回遊式の日本庭園です。春には、ツツジや枝垂桜が庭園を覆います。夏は蝉しぐれを聞きながら池の周辺の散歩が楽しめます。秋には、紅葉が色づき、園内を彩ります。紅葉は11月中旬~12月上旬が見頃で、この時期には「紅葉まつり」開催されます。冬には雪が積もり、水墨画のような美しさを見せてくれます。そんな慧洲園の魅力や見どころについてご紹介します。

慧洲園とは?

慧洲園(けいしゅうえん)は、昭和の名作庭士である中根金作氏が創った池泉回遊式の純日本庭園です。広さはなんと約3000坪もあり、四季折々の自然が石組みや茶畑などと見事に調和しています。そして、そこに2000t以上の水が流れ、調和の美しさを一層引き立てます。

春には、ツツジや枝垂桜が庭園を覆います。夏は蝉しぐれを聞きながら池の周辺の散歩が楽しめます。秋には、紅葉が色づき、園内を彩ります。紅葉は11月中旬~12月上旬が見頃で、この時期には「紅葉まつり」開催されます。冬には雪が積もり、水墨画のような美しさを見せてくれます。

また、園内には、陶磁器を展示している「陽光美術館」があります。ここでは、日本の陶磁器だけではなく、陶磁器の発祥の国、中国の陶磁器を展示しています。漢時代の「翠玉彫虫活連胡芦瓶」、元時代の「元青花魚藻文壷」、清朝末期の「白磁龍船」など中国の貴重な陶磁器が鑑賞できます。うれしいことに、この美術館では陶片を使ったアクセサリー作りも体験できます。

慧洲園の来園記録

来園記録がまだ投稿されていません

慧洲園の写真ギャラリー

慧洲園の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

慧洲園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
慧洲園(けいしゅうえん)
面積
-
作庭者
-
様式・鑑賞方法
池泉回遊式
登録記念物
-
時代
現代(昭和・平成・令和)
タグ
アート・美術館

交通アクセス

住所
〒8430022 佐賀県 武雄市 武雄町大字武雄4075-3
交通アクセス
JR佐世保線 武雄温泉駅より徒歩25分
路線バス 枯木塔より徒歩1分
営業時間
-
休園日
-
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
-