三瀧寺庭園 補陀落の庭

三瀧寺庭園 補陀落の庭(みたきでらていえん)は、広島県広島市にある池泉鑑賞式の日本庭園です。三瀧寺は、広島の市街地から北西に位置する三滝山の中腹にある寺院で、三滝観音として親しまれています。清涼な雰囲気をかもし出している3つの滝が特徴的で、寺名の由来にもなっています。3つの滝のうちの一つである「梵音の滝(ぼんおんのたき)」は茶道の庭へ流れており、その茶室から眺められる庭が「補陀落の庭(ほだらくのにわ)」です。そんな三瀧寺庭園 補陀落の庭の魅力や見どころについてご紹介します。

三瀧寺庭園 補陀落の庭とは?

三瀧寺は、広島の市街地から北西に位置する三滝山の中腹にある寺院で、三滝観音として親しまれています。三滝山は、「縮景園」の作庭者であり茶人として知られる家老の上田宗箇が松を植えた山として、宗箇山と呼ばれることもあります。

寺伝によると809年(平安時代初期)に弘法大師空海により創建されたと伝えられており、中国三十三観音の第十三番札所で広島新四国八十八カ所霊場第十五番札所でもあります。

清涼な雰囲気をかもし出している3つの滝が特徴的で、寺名の由来にもなっています。3つの滝のうちの一つである「梵音の滝(ぼんおんのたき)」は茶道の庭へ流れており、その茶室から眺められる庭が「補陀落の庭(ほだらくのにわ)」です。

普段は入ることが出来ませんが、11月の秋の紅葉のシーズンにお茶会が開催され庭園が開放されます。三滝寺は、四季折々の顔を見せてくれる自然と景観を味わえる場所です。心が洗われる空気、自然、滝を楽しむことができます。

三瀧寺庭園 補陀落の庭の来園記録・口コミ

来園記録・口コミがまだ投稿されていません

三瀧寺庭園 補陀落の庭の写真ギャラリー

三瀧寺庭園 補陀落の庭の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

三瀧寺庭園 補陀落の庭の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
三瀧寺庭園 補陀落の庭(みたきでらていえん)
面積
-
作庭者
#重森三玲
様式・鑑賞方法
#池泉鑑賞式
登録記念物
-
時代
-
タグ
#寺社仏閣
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する

交通アクセス

住所
〒7330805 広島県 広島市 西区三滝山411
交通アクセス
JR可部線「三滝駅」より徒歩20分
路線バス「三滝観音」より徒歩10分
営業時間
8:00~17:30
休園日
-
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
無料
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する