岡山後楽園(おかやまこうらくえん)は、岡山県岡山市にあるの日本庭園です。石川県金沢市の兼六園、茨城県水戸市の偕楽園と合わせて「日本三名園」の一つです。1700年に岡山藩2代目藩主・池田綱政によって、自らやすらぎの場として造らせた大庭園で、広さはなんと東京ドームの約3倍です。元禄文化を代表する庭園で、1952年には歴史的文化遺産として国の特別名勝に指定されています。また、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三つ星に認定されました。そんな岡山後楽園の魅力や見どころについてご紹介します。

岡山後楽園とは?

後楽園は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園で、その美しさから、水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並ぶ、日本三名園のひとつに選ばれています。

1700年に岡山藩2代目藩主・池田綱政によって、自らやすらぎの場として造らせた大庭園で、広さはなんと東京ドームの約3倍です。元禄文化を代表する庭園で、1952年には歴史的文化遺産として国の特別名勝に指定されています。また、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三つ星に認定されました。

池を中心に、その周囲を巡ることが出来る様に作庭された池泉回遊式の庭園となっており、岡山城や周辺の山を借景としています。「千入の森」は、美しい紅葉の名スポットです。紅葉シーズン中は、夜間特別開園「秋の幻想庭園」を実施し、紅葉がライトアップされます。

園内で最も重要な建築物である「延養亭」は、藩主の居間として利用されていました。1945年の岡山空襲で焼失してしまいましたが、江戸時代の絵図を元に、現在では復元されています。

岡山後楽園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
岡山後楽園(おかやまこうらくえん)
面積
-
作庭者のタグ
-
様式・鑑賞方法のタグ
-
登録記念物のタグ
#特別名勝
時代のタグ
#江戸時代
その他のタグ
-
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する

交通アクセス

住所
〒7038257 岡山県 岡山市 北区後楽園1-5
交通アクセス
路面電車「城下」より徒歩8分
JR「岡山駅」より徒歩25分
営業時間
7:30~18:00 (3/20~9/30) ※入園は17:45まで
8:00~17:00 (10/1~3/19) ※入園は16:45まで
休園日
-
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
大人:400円 (15歳~65歳未満)※30人以上2割引
子供:140円 (5歳~15歳未満)※30人以上2割引
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する