龍島院庭園(りゅうとういんていえん)は、宮城県柴田郡にある池泉回遊式の日本庭園です。自然の地形を生かし、中央に三尊石組、右側には須弥山の各石組が置かれた、幽邃(ゆうすい)の境を感じさせる庭園です。そんな龍島院庭園の魅力や見どころについてご紹介します。

龍島院庭園とは?

伊達家の菩提寺である龍島院の庭園は、滝組を中心として造られた京都「詩仙堂」の庭園美を呈した池泉観賞式庭園です。自然の地形を生かし、中央に三尊石組、右側には須弥山の各石組が置かれた、幽邃(ゆうすい)の境を感じさせる庭園です。

ツツジやサツキの開花する季節は特に見事であり、四季折々の風景や趣が感じられる庭園です。庭園のある龍島院境内には、藩政時代の名君、伊達宗高公(政宗公の七男)の御廟があります。山門の傍には、乳母であった御阿知也が植えたものと伝えられるシダレザクラ「御阿知也桜」が植えられています。

庭園の奥より福寿・無量の霊泉が湧出し、龍門爆となって臥龍池へと注がれます。その景色は、中国の故事から生じた「登竜門」を造景した滝の様式となり、龍門瀑では、滝の水が落ちる「水落石」や鯉を表す「鯉魚石」などが組まれています。険瀑を登り得た魚のみが昇天し龍神に変化するとの伝説があり、古来より龍神信仰されている神秘に満ちた類稀なお寺です。

龍島院庭園の来園記録

来園記録がまだ投稿されていません

龍島院庭園の写真ギャラリー

龍島院庭園の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

龍島院庭園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
龍島院庭園(りゅうとういんていえん)
面積
-
作庭者
-
様式・鑑賞方法
池泉回遊式
登録記念物
-
時代
-
タグ
寺社仏閣

交通アクセス

住所
〒9891305 宮城県 柴田郡 村田町大字村田字大槻下92
交通アクセス
村田・蔵王・遠刈田行き路線バス 村田町役場前より徒歩5分
JR大河原駅から路線バス 村田営業所より徒歩7分
営業時間
8:00〜17:00
休園日
年中無休
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
100円