近江孤篷庵庭園(おうみこほあんていえん)は、滋賀県長浜市にある池泉鑑賞式・池泉庭園の日本庭園です。江戸時代の初期、小室城主で、千利休、古田織部とともに日本三大茶人としても名高い小堀遠州の菩薩を弔うために建立された近江孤篷庵。明治維新後は無住のままに荒廃していましたが、1965年に小堀定泰が再建し独特な美しさを表現する「遠州好み」の庭園も同時に補修整備されました。その「遠州好み」の庭園は、山の起伏を巧みに利用し一面に苔が広がった枯山水庭園と、琵琶湖をイメージした池泉廻遊式庭園の2つの庭園があり滋賀県指定名勝となっています。そんな近江孤篷庵庭園の魅力や見どころについてご紹介します。

近江孤篷庵庭園とは?

江戸時代の初期、小室城主で、千利休、古田織部とともに日本三大茶人としても名高い小堀遠州の菩薩を弔うために建立された近江孤篷庵。明治維新後は無住のままに荒廃していましたが、1965年に小堀定泰が再建し独特な美しさを表現する「遠州好み」の庭園も同時に補修整備されました。

その「遠州好み」の庭園は、山の起伏を巧みに利用し一面に苔が広がった枯山水庭園と、琵琶湖をイメージした池泉廻遊式庭園の2つの庭園があり滋賀県指定名勝となっています。

砂利道と苔を絶妙の割合で配置した庭園や木立の奥に隠された本堂は、山寺の雰囲気を醸し出しており日常と違う時の流れを感じることができます。春はツツジ、秋は紅葉の名所としても知られており多くの人でにぎわいます。

なお孤篷庵は遠州流の茶会も開かれており、「侘び寂び」といった世界観を感じることができます。

近江孤篷庵庭園の来園記録・クチコミ

来園記録・口コミがまだ投稿されていません

近江孤篷庵庭園の写真ギャラリー

庭園写真がまだ投稿されていません

近江孤篷庵庭園の特集記事

まだ庭園記事が投稿されていません

近江孤篷庵庭園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
近江孤篷庵庭園(おうみこほあんていえん)
面積
-
作庭者のタグ
#小堀遠州
様式・鑑賞方法のタグ
#池泉鑑賞式 #池泉庭園
登録記念物のタグ
-
時代のタグ
#江戸時代
その他のタグ
-
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する

交通アクセス

住所
〒5260264 滋賀県 長浜市 上野町135
交通アクセス
JR北陸本線「河毛駅」「虎姫駅」より徒歩80分(約7km)
営業時間
9:00~17:00
※ 11月~3月は16:00まで
休園日
毎年11月17日
無料日
-
ガイドツアー
-
入園料
300円
※ 掲載されている情報や写真は最新とは限りません。 最新情報をGoogleで検索する