浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)は、東京都中央区にある池泉回遊式・大名庭園の日本庭園です。東京湾から海水を取り入れているので、潮の干満で景色の変化を楽しむことができます。そんな浜離宮恩賜庭園の魅力や見どころについてご紹介します。

浜離宮恩賜庭園とは?

浜離宮恩賜庭園は、1654年(承応3年)に甲府藩主の徳川綱重により海を埋め立てられ別邸として築かれました。その後、将軍家に渡り、6代、7代、8代将軍を通じて園内が綺麗に整備されました。

敷地面積はなんと東京ドームの5.5倍の広さをほこり、今では国の特別名勝・特別史跡に指定されています。

浜離宮恩賜庭園にある池の水は、東京湾の海水がそのまま使われています。そのため、他の庭園ではみることのできない海水魚、カニ、フジツボなどが住んでいます。逆に、他の庭園で見ることができる亀やコイは浜離宮恩賜庭園にはいません。かつては、清澄庭園や芝離宮恩賜庭園も潮入の池でしたが、現在は浜離宮恩賜庭園だけになってしまいました。

浜離宮恩賜庭園の写真ギャラリー

浜離宮恩賜庭園の基本情報・交通アクセス

基本情報

庭園名
浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)
面積
250,215.72m²
作庭者
-
様式・鑑賞方法
池泉回遊式, 大名庭園
登録記念物
特別名勝
時代
江戸時代
タグ
-

交通アクセス

住所
〒1040046 東京都 中央区 浜離宮庭園1-1
交通アクセス
【電車】
●大手門口
都営大江戸線 汐留駅・築地市場駅より徒歩7分
ゆりかもめ 汐留駅より徒歩7分
JR山手線・京浜東北線・東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅より徒歩12分
●中の御門口
都営大江戸線 汐留駅より徒歩5分
JR山手線・京浜東北線 浜松町駅より徒歩約15分
【船】
水辺ライン(両国⇔浜離宮⇔お台場海浜公園)
水上バス(浅草行き)
※ 発着場をご利用の場合、別途入園料がかかります
【駐車場】
ご来園の観光バス専用
※ 障害者・車椅子の方の車両は駐車可
営業時間
午前9時〜午後5時 (入園は午後4時30分まで)
休園日
年末年始(12/29〜1/1)
無料日
みどりの日(5月4日)
都民の日(10月1日)
ガイドツアー
土曜日・日曜日・祝日(午前11時と午後2時の1日2回)
入園料
【入園料】
一般 300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)