日本庭園の露地庭園(ろじていえん・別名:茶庭)とは?

様式・鑑賞方法
蹲踞(つくばい)

露地庭園(ろじていえん)とは、茶室へと至る道すがら(園路)に自然の景を盛り込んだものです。千利休が大成した茶の湯の文化から影響された様式で、茶室に付属して設けられた茶庭とも呼ばれます。そんな露地庭園の要素や魅力、見方について丁寧に解説いたします。

露地庭園(ろじていえん・茶庭)とは?

露地庭園(ろじていえん)とは、茶室へと至る道すがら(園路)に自然の景を盛り込んだものです。千利休が大成した茶の湯の文化から影響された様式で、茶室に付属して設けられた茶庭とも呼ばれます。

豊臣秀吉が政権を握っていた桃山時代に、茶の湯の発達とともに露地庭園は発展しました。

千利休は、

露地はただ浮世の外の道なるに心の塵をなぞ散らすむ

と詠んでいて、露地は雑念を払って茶室に向かわせるための道なので、静かな風情を残した飾らない姿が特徴です。

露地庭園(茶庭)の特徴

従来の庭園が室内からの鑑賞を目的として作られているのに対し、露地は茶事に専念するために茶室内部とは完全に隔離されているのが大きな特徴です。

露地庭園は、石灯籠、手水鉢、飛び石などの景物が備えられています。

露地庭園(茶庭)の要素

蹲踞(つくばい)

蹲踞(つくばい)とは、露地庭園(茶庭)に設置される要素の一つで、客人が手を洗い清めてから茶室に入るためのものです。手水鉢(ちょうずばち)と役石(手燭石、湯桶石、前石)を組み合わせて配したものです。

蹲踞(つくばい)

水鉢を低く配し、かがんで(つくばって)手を洗うことから、蹲踞(つくばい)との名がつきました。

飛び石(とびいし)

飛石(とびいし)とは、茶室へ向かう客人が庭園内を歩けるように通路に打つ石のことです。

石灯籠(いしどうろう)

石灯籠(いしどうろう)とは、神仏に燈明をあげるために石で作られた照明のことです。桃山時代に発展した露地から庭園でもよく使われるようになりました。

石灯籠(いしどうろう)

代表的な露地庭園(茶庭)

  • 依水園(奈良県)
  • 山水園庭園(山口県)
  • 楽水園(福岡県)