【庭とりっぷ vol.01】3日目 尾道〜福山〜倉敷で日本庭園巡りの旅

旅行・観光
神勝寺庭園の無明院01

庭とりっぷ vol.01の3日目は、福山にある「神勝寺 禅と庭のミュージアム」を巡ります。

【観光】尾道駅周辺

3日目は1つの庭園しか巡らないのでちょっと時間に余裕があります。2日目に尾道を巡り足りなければ午前中に満喫しましょう。

【移動】尾道駅から山陽本線で福山駅へ

尾道駅から福山駅まで山陽本線で20分ほどで到着です。

そこから路線バスに乗って「神勝寺 禅と庭のミュージアム」に移動します。平日は最寄りのバス停から神勝寺までかなり歩くのでご注意を。神勝寺に連絡すると送迎してくれます。(要確認)

【庭園鑑賞】神勝寺 禅と庭のミュージアム

「神勝寺 禅と庭のミュージアム」は、臨済宗建仁寺派の寺院で、禅の教えを多くの人に体験していただくために構想されました。

神勝寺庭園 禅と庭のミュージアム01

敷地に入ると、中根金作のご子息である中根史郎が作庭した池泉回遊式庭園「賞心庭」が広がります。また、7万坪あるとされている広大な土地に、彫刻家の名和晃平(なわこうへい)と彼が率いるクリエイティブ集団SANDWICH設計によるアートパビリオン「洸庭」や、中根金作が作庭した枯山水・石庭「無明院庭園」があります。

神勝寺庭園 禅と庭のミュージアム02

賞心庭

神勝寺庭園の賞心庭01

「賞心庭」は、中根金作のご子息である中根史郎が作庭した池泉回遊式庭園です。

神勝寺庭園の賞心庭02

神勝寺庭園の賞心庭03

神勝寺庭園の賞心庭04

アートパビリオン「洸庭」

神勝寺庭園の洸庭01

「洸庭」は、彫刻家の名和晃平(なわこうへい)と彼が率いるクリエイティブ集団SANDWICHが設計したアートパビリオンです。禅とは何か?を体験することができる施設となっています。

神勝寺庭園の洸庭02

光明院庭園(羅漢の庭、無明の庭、阿弥陀三尊の庭)

神勝寺庭園の無明院01

「神勝寺」の本堂である光明院の前には、中根金作が作庭した枯山水・石庭の「羅漢の庭」と「無明の庭」と「阿弥陀三尊の庭」が広がっています。

神勝寺庭園の無明院02

神勝寺庭園の無明院03

【移動】福山駅から山陽本線で倉敷駅へ

福山駅から倉敷駅まで山陽本線で40分ほどで到着です。広島県から岡山県へ移動です。

【夜ごはん】倉敷駅周辺

倉敷駅周辺には美味しいごはん屋さんがたくさんあります。

【宿泊】倉敷駅周辺

3日目は倉敷駅周辺に泊まりましょう。明日は倉敷の美観地区を観光しつつ、新渓園を巡ります。その後、岡山に移動し日本三名園の「岡山後楽園」を楽しみます。

【庭とりっぷ vol.01】3日目のまとめ

庭とりっぷvol.01の3日目は、福山にある「神勝寺 禅と庭のミュージアム」を巡りました。

続きは「【庭とりっぷ vol.01】4日目 倉敷〜岡山で日本庭園巡りの旅」にて

全行程は↓の記事から
【庭とりっぷ vol.01】広島県・岡山県・兵庫県で日本庭園巡りの旅